リバウンドハンマーによるコンクリート強度試験とはどのようなものですか?

リバウンドハンマー試験はコンクリートの強度を推定するための非破壊検査の一種です
コンクリートのコア抜き(サンプル採取)等を伴わない、非破壊検査であるため構造体に影響を与えにくい検査といえます
リバウンドハンマー(シュミットハンマーとも呼ばれます)と呼ばれる器具を用い,バネによってハンマーでコンクリート表面に打撃を与え、その反発の程度から圧縮強度を推定する方法です

リバウンドハンマー試験

試験ではチョークで打撃点(9点)を描き、そこにテストハンマーを当てて、打撃します
構造体に影響を与えませんが、コンクリートに打撃痕が残ります

かし保証検査に必要な試験は以下の方法によります

■ 測定場所

測定箇所は2カ所以上とします
型枠に接していた平滑なコンクリート面を選定します

  • 粗面、仕上げ層や上塗りのある箇所は避けます
  • 測定部のコンクリートの厚みが10cm以上の箇所を選びます
  • 隅角部、T字型の部分からは最低5cm以上離し、出来ればそれらの中央部を選びます
  • 基礎天端からも5cm以上は離れた箇所を選びます(天端に近いと数値が出ない。)

■ 測定方法


各測定箇所毎の打撃点の数は9点を標準とします

  • 9ポイント計測は必須 計測可能な広さが確保できない場合は、他の場所を選定します
  • 打撃点相互の間隔は、3cm以上が標準 縦に3本、横に3本の線を引きその交点9点を打撃します(図1)
  • 打撃は垂直コンクリート面に対して横から、直交打撃(標準)を心掛けます(図2)
  • ハンマーに徐々に力を加えてゆっくりと打撃します
  • 測定値で明らかに異常と認められる値、またはその偏差が±20%以上になる値があればそれを捨て、これに代わるものを補ってから平均値を求めます

賃貸借契約期間の途中でも退去できるの?

まず、 「賃貸契約書」の中に記載がありますので、「普通賃貸借契約」 なのか 「定期借家契約」 のどちらの契約であるかご確認ください

一般的には、「普通賃貸借契約」の場合、中途解約すると違約金が発生する場合があります
解約を申し出る時期、中途解約の場合の違約金については「賃貸契約書」に記載があります

「定期借家契約」では、やむを得ない事情により、使用することが困難であること以外では、中途解約ができない場合があります
詳しくは「賃貸借契約書」に解除に関する特約があるかどうかをご確認下さい

立会なしでも検査はできますか?

当日、検査開始時の立会をお願いしております
難しい場合は、代理の方でも結構です

開始時の立会をしていただければ、調査中の立会はご自由です

宅建業者から既存住宅状況調査のあっせんを受けましたが、必ず建物状況調査を行わなければならないのですか?

建物状況調査の実施は任意であり、必ず実施しなければならないものではありません
住宅をお売りになりたい場合には、建物状況調査を活用することによって既存住宅売買瑕疵保険や、売却価格査定に反映できるなどのメリットもありますのでご活用をご検討下さい

居住中でも調査は実施可能ですか?

居住中であっても、調査は実施できますが、次の点にご注意ください
・調査の実施について、居住されている方の承諾を事前に得てください
・動かせない家具等があり調査できない部分について、調査報告書には「調査できなかった」旨が記載されます
・調査の依頼者や居住者の都合等により調査しなかった部位について、調査報告書には「(同意がなく)調査しなかった」旨が記載されます

申込み後の流れを教えてください

検査お申込み後は下記の流れとなります *はお申込みの方にお願いする事項となります

*お申込み
  ↓
日程調整の上、受付
  ↓
*図面等の資料送付
  ↓(事前に図面等をお送りください)
現地検査
  ↓(~5日)
調査報告書作成
  ↓(PDFにてメール送付)
*受領後、お支払い
(~7日)