リバウンドハンマーによるコンクリート強度試験とはどのようなものですか?

リバウンドハンマー試験はコンクリートの強度を推定するための非破壊検査の一種です
コンクリートのコア抜き(サンプル採取)等を伴わない、非破壊検査であるため構造体に影響を与えにくい検査といえます
リバウンドハンマー(シュミットハンマーとも呼ばれます)と呼ばれる器具を用い,バネによってハンマーでコンクリート表面に打撃を与え、その反発の程度から圧縮強度を推定する方法です

リバウンドハンマー試験

試験ではチョークで打撃点(9点)を描き、そこにテストハンマーを当てて、打撃します
構造体に影響を与えませんが、コンクリートに打撃痕が残ります

かし保証検査に必要な試験は以下の方法によります

■ 測定場所

測定箇所は2カ所以上とします
型枠に接していた平滑なコンクリート面を選定します

  • 粗面、仕上げ層や上塗りのある箇所は避けます
  • 測定部のコンクリートの厚みが10cm以上の箇所を選びます
  • 隅角部、T字型の部分からは最低5cm以上離し、出来ればそれらの中央部を選びます
  • 基礎天端からも5cm以上は離れた箇所を選びます(天端に近いと数値が出ない。)

■ 測定方法


各測定箇所毎の打撃点の数は9点を標準とします

  • 9ポイント計測は必須 計測可能な広さが確保できない場合は、他の場所を選定します
  • 打撃点相互の間隔は、3cm以上が標準 縦に3本、横に3本の線を引きその交点9点を打撃します(図1)
  • 打撃は垂直コンクリート面に対して横から、直交打撃(標準)を心掛けます(図2)
  • ハンマーに徐々に力を加えてゆっくりと打撃します
  • 測定値で明らかに異常と認められる値、またはその偏差が±20%以上になる値があればそれを捨て、これに代わるものを補ってから平均値を求めます