よくあるご質問(FAQ)

よくあるご質問をまとめました
質問事項をクリックすると回答が表示されます

更新日:2020年3月15日19時56分


賃貸住宅編

  • 敷金
    部屋を退去するときの原状回復費用です 入居時に大家さんに支払い、退去時には原状回復に掛かった費用が差し引かれて戻ってきます
    東京都では「賃貸住宅トラブル防止ガイドライン」で原状回復の基本的な考え方を示しています

  • 仲介手数料
    賃貸住宅の案内、重要事項の説明、契約の締結等、取引を成立させた費用として不動産会社に支払う費用です
    国土交通省告示第千百五十五号」では「依頼者の承諾を得ている場合を除き、借賃の一月分の〇・五四倍に相当する金額以内とする」とあります
    上限は家賃の1ヵ月(別途消費税)となります

  • 連帯保証人
    賃貸であれば、賃借人と連帯して債務(家賃等)を保証する人のことを言います
    通常の保証人よりより重い義務があります
    保証会社(保証料が必要)を使うことにより、連帯保証人が不要になるケースや、保証人を必要としていない住宅もあります

  • 共益費、管理費
    集合住宅の共用部分(エントランス、共用廊下、共用階段、ゴミ置場、駐輪場等)を維持するために要する費用です
    家賃とは別に徴収されることが多いです

  • 鍵交換費
    前の住民が退去時に合鍵などを全て返却していない可能性もあるため、合鍵を使って室内に侵入してしまう可能性をなくすために玄関鍵を交換する費用です
    国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」では、賃貸人(貸主)による交換が妥当とされていますが、賃借人(借主)に求めている住宅もありますので、確認が必要です

  • フリーレント
    一定期間、家賃(共益費・管理費はかかる場合があります)がかからない制度です 月割りの前払い家賃が無料になるケースもあります


契約可能な賃貸住宅もありますが、現状を確認されてから契約することをお勧めします
間取り図や写真、物件資料だけではわからない実際の日当たり、家具が設置可能かどうか等の状態を確認したほうがいいです
写真が新築時のものだったり、間取りが一部変更されているものもあります
また、共用部分や駅からの道のり、周辺環境の確認も大切です

  • 賃貸住宅の多くは、レインズ等の不動産業者共有のデーターベースでつながっていることが多いです
    このような仕組みですので、同じ賃貸住宅を複数の不動産屋が扱うことがあります
  • 検索した賃貸住宅は同一ですので、不動産屋さんを選択する際には、信頼できる会社であるか? 仲介手数料はいくらか?等を考慮して選択されることをお勧めします
  • 「仲介手数料」についてはFAQ「 賃貸契約する際の用語について 」の用語をご確認ください 原則0.5ヶ月、上限1ヶ月が仲介手数料になります(消費税別)
  • 一般的に賃貸住宅を扱っている不動産業者には、「元付業者」(大家さん側の業者)と「客付業者」(賃借人側の業者)があります
    それぞれの立場に応じて仲介手数料を設定していますので、違いがでてきます
  • 仲介手数料が同じであれば、大家さんと直結している「元付業者」さんと契約するのが良い選択とも言えますが、賃借人側の業者「客付業者」を選ぶことで賃借人の権利を守ることもできます

  • 賃貸契約における「申込金」についての明確な定義はありません
    気に入った賃貸住宅に対して、他からの申込みに対して優先的に扱ってもらう等の目的で支払うものです
  • 申込金の金額は不動産会社によりまちまちです また、申込金を支払っても必ずしも契約が結ばれる訳ではありません
  • 契約以前に申込みを撤回した場合は、「申込金」は全額返却されます
    契約が不成立の場合は、「申込金」は返還されるものですが、念のためそのことを明記した預り証を受け取るようにしましょう
    また、契約が成立した場合は、一般的には必要な費用の一部として取り扱われます
  • 「申込金」に関するトラブルは多いですが、賃貸住宅の申込みが多い時期には、「申込金」を要求されることもありますので、熟考することをお勧めします

  • 現在、1Rを中心とした賃貸住宅を掲載していますが、その他の間取りや他業者様物件もご紹介することが可能です
  • 大家さんの都合や賃貸管理業者の都合でインターネット掲載不可や広告掲載不可の「非公開物件」がございますので、お気軽にメールかお電話でお問い合わせください
  • 入居審査は、入居申込書、提出書類等を大家さん、管理会社会社、保証会社等が判断します
  • 審査方法は収入・勤続年数・過去の支払い等の遅れ等が審査の対象となる場合があります
  • 多くの賃貸住宅では入居前提として鍵交換費を賃借人(借主)の負担として明記しているものが多いです
  • 鍵交換費用の負担については、 国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」では、賃貸人(貸主)による交換が妥当とされていますが、賃借人(借主)に求めている住宅もありますので、確認が必要です
  • 現状、鍵交換は義務ではなく努力義務のような扱いになっているため、鍵交換をしないという賃貸住宅もありますので、交換したい方は賃貸人(貸主)又は管理会社に事前に確認されることをお勧めします
  • 女性限定の賃貸住宅はあります
    注意する点は、その建物全体を女性限定としている場合と賃貸人(貸主)が女性限定としている場合があることです
    前者はご近所さんも女性ということになりますが、後者の場合は男性も住んでいることになります
  • 建物全体を女性限定としている場合、住宅ごとにルールは異なりますが、契約書上「男性は立ち入り禁止」というのが一般的です
    同棲もダメで、身内であっても男性は部屋に入れてはダメという物件もあります
    事前連絡をすれば許可される場合もありますので、管理会社に確認をお勧めします
  • ワンルームの場合、原則単身者を想定しています
    契約書上でもそのように書かれていることが多いと思います
  • ワンルーム形式の住居でも「2人入居可」「ルームシェア可」と謳っている住宅もありますので、2人で住む予定のある方は契約前に確認することをお勧めします
  • 1人暮らしをしているワンルームに、もう1人が転がり込むかたちで同棲しているカップルもいるかもしれません しかし、近隣からの苦情など何らかのトラブルが発生した場合、契約違反として退去を命じられる可能性もありますので注意が必要です
  • 賃貸マンションの大部分は、住宅専用の物件として貸し出されていますが、中には「事務所利用可」「SOHO利用可」という賃貸住宅もありますので、探すときに事前に不動産会社に伝える必要があります
  • 事務所利用、SOHO利用では不特定多数の人が出入りをする物販店や飲食店などの営業は基本的に認められません
    また、法人登記が可能かどうかの確認もしておくと良いと思います
  • 住宅専用のマンションを事務所として利用してしまうのは契約違反となりますので、近隣とのトラブル等で退去を要請される場合があるのでご注意ください
  • 買って良いペットの基準は賃貸住宅によりまちまちです
    犬、猫等が代表的なペットですが、大きさなどが決められている場合もあります
    また、ペットを飼う場合は通常の敷金プラスアルファを求められることもありますので確認しておきましょう
  • 小動物(小鳥、モルモット、ハムスター等)は無条件に飼って良いかというとそういうわけではありません 近隣とのトラブルを避けるためにも、事前に賃貸人(貸主)、管理会社と相談することをお勧めします

  • 管理会社が隣人について情報を把握していたとしても個人情報やプライバシー保護の観点から具体的に答えられないということもあります
  • 近隣からの騒音を気にするなら、同類世帯の暮らす賃貸住居を選ぶことをお勧めします 学生さんなら学生向け、子供が居るならファミリー向けなど、自分と近い入居者層が多い賃貸住宅を探してみると良いと思います

Load More